大分のうまいもん ウラニワ

アツアツ、サクサクのとり天 魚とお酒も充実

 今日は3人でお昼ご飯を食べに、「大分のうまいもん ウラニワ」にお邪魔させて頂きました。このお店は東京富士大学の学生の間でもランチの人気店です。大学の目の前ですし、学生好みのメニューだからでしょう。

 場所はさかえ通りを抜けてすぐの角(東京富士大学の校舎が見えて最初の角)を左に曲がったところにあります。高田馬場駅から徒歩3分程でしょうか。曲がり角のところに看板が置いてありますので、これが見えたら曲りましょう。道沿いの大きな甕が目印です。

 「中津からあげ」や「とり天」など大分料理を楽しめるお店で、お昼時はお得な「昼のウラニワごはん」をやっていて、夜は宴会コースなどもある居酒屋さんになります。引き戸を開けると元気でフレンドリーな店員さんが威勢良く迎えてくれます。席はカウンターが10席、2人用テーブルが4つ程、奥には座敷もあります。

 注文は店員さんにおすすめを聞いて、人気メニューの「中津からあげ定食」と「辛ダレとり天定食」、そして「おろしだれとり天」を注文しました。他にも「りゅうきゅう丼」や「大分しょうゆ生姜焼き」など、気になるランチメニューが豊富です。

 注文して5~6分で料理が運ばれてきました。待ち時間が短いというのは、忙しいランチ時には大事なポイントです。

 定食の内容は、メインとご飯、お味噌汁、サラダです。とり天はアツアツ揚げたて、衣はサクサク、中は柔らかくジューシーです。辛だれとの相性も抜群、おろしだれもりんごの酸味がマッチしていて、ごはんがどんどんすすみます。

 中津唐揚げもにんにくが効いていて、一口ごとに食欲が増していく感じです。ボリュームはけっこうありますが、それでも物足りない方にはプラス150円でとり天やからあげを追加できます。

 どれもお値段は600円。ちょっと贅沢しても1000円。しかもごはんの大盛り、おかわりが無料というのは、しっかり食べたい方には嬉しいですね。学生に人気なのもわかります。

 次回は別のランチメニューを試してみたいと思います。また、夜は魚のメニューも豊富だそうなので、大分焼酎と一緒に楽しんでみるのもいいかなと思います。気になった方、ぜひお試し下さい。

2018.2.20 常松

タイトルとURLをコピーしました